商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム ビートルズ  - - misterclaudel - - (ミスタークローデル)関連 FAB4 The Beatles(ビートルズ)/THE BEATLES AT ABBEY ROAD 1983 【CD+DVD】
The Beatles(ビートルズ)/THE BEATLES AT ABBEY ROAD 1983 【CD+DVD】
フォーマット:1CD + 1DVD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

ビートルズがデビュー以来、レコーディング・スタジオとして愛用していたのがロンドンはセント・ジョンズ・ウッドにあるEMIレコーディング・スタジオであった。閑静な街並みに違和感なく溶け込んでいる白い建物である。建築は1831年にまで遡り、20世紀に入ってレコーディング・スタジオに改築された古い建物である。とはいっても日本と異なり地震がないイギリスでは100年以上昔の建物が現役で使用されていることは珍しくない。このスタジオを一躍有名にしたのがビートルズ最後のアルバム、その名も『アビーロード』であろう。当初、エベレストへ行ってジャケット撮影しよう、アルバムのタイトルは『Mt. Everest』にしようという案が遡上に上がった。しかしメンバーのひとりが「ええい、エベレストくんだりまで、わざわざ行って撮影しなくてもいいじゃないか。ちょいとスタジオの表へ出て撮影し、タイトルを『アビーロード』にすれば簡単じゃないか」と提案し、その通りになったのである。ビートルズがホームグラウンドとして使用していたスタジオであること、スタジオの前を通るアビー通りの横断歩道でジャケットが撮影されたこと、そしてタイトルが通りの名前そのままに『アビーロード』であることから、1970年代に入ってからは「アビーロード・スタジオ」と名称が替えられたのである。誤解があるようだが、ビートルズが使用していた時代はアビーロード・スタジオとは言わずに、EMIレコーディング・スタジオと言っていた。ちなみにポールのロンドンの自宅はこのスタジオから歩いて数分の場所にある。

ビートルズにとってレコーディング・スタジオは神聖な4人だけの空間、正確には4人プラス、ジョージ・マーティンなどスタッフのみが参加を許された場所であった。ここには絶叫する聴衆もいなければ、追いかけるファンもいない。外の世界の喧騒から隔絶されたプライベートな空間であった。その重い扉が1983年に初めて開かれたのである。「THE BEATLES AT ABBEY ROAD」と称して、一般のファンがスタジオ見学できるばかりか、貴重な未発表テイクを盛り込んだドキュメンタリーの上映がなされたのである。この時点でビートルズ解散から13年が経過していたが、ビートルズがレコーディングに使用していた第二スタジオは60年代当時のままの状態で現役であった。

この特別展は1983年7月11日から9月11日までの期間限定のもので、午前10時半から午後5時半までの開場。その間にドキュメンタリー「THE BEATLES AT ABBEY ROAD」の上映は実に168回にのぼった。このドキュメンタリーは、EMIが初めてビートルズのアウトテイクを公にすることを許可した事例として記録される。頓挫した『SESSIONS』から1995年の『ANTHOLOGY』に連なるプロジェクトの嚆矢がこの「THE BEATLES AT ABBEY ROAD」と言えるだろう。もちろん、アウトテイクといっても今となってはお馴染みのものや、後に『ANTHOLOGY』に収録されたものもあるのだが、1983年当時はビートルズの聴き慣れた楽曲群のアウトテイクということで、非常に驚かされたものである。なにせこの時スタジオで上映されたフィルムをオーディエンス録音したものがアナログ・ブートとしてリリースされたくらいである。本作は、この1983年アビーロード・スタジオで開催されたイベント「THE BEATLES AT ABBEY ROAD」、通称ABBEY ROAD SHOWで上映されたドキュメンタリーをマスター・バージョンで収録したものである。

改めて、このドキュメンタリーは、アビーロード・スタジオにおけるイベントのために特別に制作されたもので、公開されたのもこの時のみという貴重なものである。従って現在視聴できるのは全て流出映像ということになる。そのためか画質に恵まれたものが少なく、いずれもいまひとつなクオリティでしか流通していなかった。どれくらい画質が悪かったかというと、2016年にHMCからリリースされたタイトルでは、途中挿入されるプロモ映像や代替可能な映像が、細かく差し替えられていたくらいである。しかし、本作は従来の常識を覆すマスター・クオリティで、最初から最後まで同一ソースで完全収録したタイトルとなる。クオリティはさておき内容的には既発でも視聴できたものではあるが、流出経路の異なるこの画質でのリリースは初めてのことであり、音声もオリジナルのままの収録となっている。もちろん高画質とはいえ、それはあくまで相対評価によるもので、ハイビジョンが主流の現代の映像とは比べるべくもないが、いずれにせよ今までにないアップ・グレードであることは間違いない。

このドキュメンタリーはもちろんビートルズに焦点を当てたものではあるのだが、アビーロード・スタジオ自体を紹介するシーンが冒頭に収録されている。オーケストラからポップスまで幅広いレコーディングに使われた歴史を辿り、ヘレン・シャピロのレコーディング風景がカラー映像で収録されているのも興味深いところである。このドキュメンタリーで使用されているビートルズの楽曲は全て、この時初めて世にでたアウトテイクで、途中エンジニアのノーマン・スミスのインタビューなどが挿入され進められていく。本作は、マスター・コピーによるオリジナルのモノラル音声で完全収録したバージョンと、もうひとつ、ステレオ・バージョンの音声で収録したワーキング・バージョンの2種のバージョンが収録されている。

またCDの方は、このドキュメンタリーのサウンドトラックという位置づけである。アナウンスも収録されていることと、フェイドするトラックが多いが、ストロベリーやHMCなどと比べても、今までで最も高音質なもので、当時聴いた郷愁を感じてもらえたらと思っている。

Mクローデルの最新作は、1983年アビーロード・ショウのCDとDVDのセットである。今まで画質の悪いものしかなかった映像が、同一ソースにて高画質完全収録。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

THE BEATLES AT ABBEY ROAD abbey road show 1983
Directed by JOHN BARRETT, Narrated & Assistant by ROGER SCOTT

AUDIO DISC
ABBEY ROAD SHOW SOUNDTRACK
01. Introduction
02. Love Me Do
03. How Do You Do It?
04. Saw Her Standing There
05. Twist And Shout
06. One After 909
07. Don’t Bother Me
08. A Hard Day’s Night
09. Leave My Kitten Alone
10. I’m A Loser
11. She’s A Woman
12. Ticket To Ride
13. Help!
14. Norwegian Wood
15. I’m Looking Through You
16. Paperback Writer
17. Rain
18. Penny Lane
19. Strawberry Fields Forever
20. Strawberry Fields Forever
21. A Day In The Life
22. Hello Goodbye
23. Lady Madonna
24. Hey Jude
25. While My Guitar Gently Weeps
26. Because
27. Ringo’s message - #9 Dream

DVD DISC
MASTER COPY with MONO AUDIO
01. Introduction
02. Love Me Do
03. How Do You Do It?
04. Saw Her Standing There
05. Twist And Shout
06. One After 909
07. Don’t Bother Me
08. A Hard Day’s Night
09. Leave My Kitten Alone
10. I’m A Loser
11. She’s A Woman
12. Ticket To Ride
13. Help!
14. Norwegian Wood
15. I’m Looking Through You
16. Paperback Writer
17. Rain
18. Penny Lane
19. Strawberry Fields Forever
20. A Day In The Life
21. Hello Goodbye
22. Lady Madonna
23. Hey Jude
24. While My Guitar Gently Weeps
25. Because
26. Ringo’s message
27. #9 Dream - Closing Credits

WORKING VERSION with ORIGINAL STEREO AUDIO
01. Love Me Do
02. How Do You Do It?
03. Saw Her Standing There
04. Twist And Shout
05. One After 909
06. Don’t Bother Me
07. A Hard Day’s Night
08. Leave My Kitten Alone
09. I’m A Loser
10. She’s A Woman
11. Ticket To Ride
12. Help!
13. Norwegian Wood
14. I’m Looking Through You
15. Paperback Writer
16. Rain
17. Penny Lane
18. Strawberry Fields Forever
19. A Day In The Life
20. Hello Goodbye
21. Lady Madonna
22. Hey Jude
23. While My Guitar Gently Weeps
24. Because
25. Ringo’s message


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
misterclaudel/mccd-607/608
・ 販売価格

4,800円(税込)

・ 購入数