商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム ビートルズ  - - misterclaudel - - (ミスタークローデル)関連 FAB4 The Beatles(ビートルズ)/GET BACK JOURNALS II 【8CD】
The Beatles(ビートルズ)/GET BACK JOURNALS II 【8CD】
フォーマット:8CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

1969年1月いっぱいかけて行われたビートルズのセッションを通称「ゲット・バック・セッション」と呼ぶ。ホワイトアルバム以降、メンバー間の関係がぎくしゃくしており、このまま瓦解の方向に進んでいくのではないか、それを最も危惧したのはポールであった。そこでポールが音頭をとり、新たなプロジェクトが企画されたのである。1966年以降ライヴ活動は中止していたが、自分たちの結束を固めるためにはライヴが必要だと考えたポールは、再びコンサートツアーに出ることを提案したのである。しかし再びツアーに出ることはジョンとジョージが難色を示し、断念せざるを得なかった。次に、新曲のみのライヴを一度きり行ない、それを撮影してリリースするという提案が出た。実際に当時のマンスリー(ファンクラブ雑誌)では、その一度きりのライヴのための抽選が行われている。しかしご存知の通り結果的にそれは企画段階で頓挫してしまう。結局、着地点としては、ビートルズがスタジオでニューアルバムをレコーディングする、その様子を撮影する、最後にレコーディングした新曲を、観客を入れないながらもライヴ形式で演奏する、という骨子が完成した。それが後に「ゲット・バック・セッション」と呼ばれるセッションに至る概要である。当初のコンセプトが二転三転してのプロジェクトであった。

レコーディングするにあたっては、原点に立ち返るという気持ちを込めてオーヴァー・ダビングは行なわず、シンプルなロックをということで、レコーディングは1969年1月2日から始まった。なにせ撮影を前提としたレコーディングであったため、使い慣れたアビーロード・スタジオではなく、撮影環境を優先してロンドンのトゥイッケンナム・フィルム・スタジオに録音機材を運んでのレコーディングとなったのである。しかし冬のロンドンにおいて、だたっぴろい撮影スタジオ、そして一挙手一投足を撮影しているカメラマンに囲まれ、レコーディングはけして良い雰囲気では行なわれなかった。メンバーには破棄がなく、演奏も怠惰で、思いつくままギターをつま弾くというお粗末なものであった。メンバー間の結束を促す目的で始まったプロジェクトが、皮肉にもメンバー間の緊張を高め、かつ心がかつてのようにひとつではないという姿をカメラの前で露呈してしまったのである。その象徴が1月10日のポールとジョージの口論である。このシーンは映画にも使用された有名なシーンで、何かと他のメンバーに口出すするポールにジョージが反抗している様子が痛々しいものであった。トゥイッケンナム・スタジオにおける撮影とレコーディングは1月16日まで続けられたが、けして実りあるものとは言い難く、結果的にフィルスペクターがプロデュースしたアルバム『レット・イット・ビー』には一切使われていない。

続いてビートルズのメンバーは4日後の1月20日、場所をアップル本社ビル地下にあるアップル・スタジオに場所を変え、レコーディングを再開する。メンバー間の緊張を緩和するには他者の目が必要だと考えたジョージは、キーボードとしてビリー・プレストンをセッションに招聘した。ビートルズの共演者として正式にクレジットされるという栄誉は、トニー・シェリダンに続いてビリー・プレストンが二人目のことである。アップル・スタジオにおけるセッションはビリー・プレストンが緩衝材となったことなどから、トゥイッケンナム・スタジオにおけるセッションとは雰囲気が変わり、ビートルズの「魔法」が再び起こりつつあった。そして、それまでの緩慢な演奏とは異なり、改めて新曲をレコーディングするという意気込みが感じられる完成度の高いものとしても特筆される。ゲット・バック・セッション後半はこうして始まったのである。

このようにゲット・バック・セッションはレコーディング風景そのものを作品化するという目的で始まったため、膨大な音源と映像が残されている。その多くは散漫なものであったり、あるいはディスカッションの様子など、マニアにとっては非常に興味深いものではあるのだが、音楽として鑑賞するには退屈な部分があることも否めない。そこでアナログ時代から、聴き所を編集して数多くのタイトルが生み出されてきたが、そこに編集者のセンスが問われる部分でもあった。そんな状況下で、ひとつの金字塔として長らく親しまれてきたのが「GET BACK JOURNALS」であった。

「GET BACK JOURNALS II」は、「GET BACK JOUNALS」と並び、実にディスク8枚に渡って、このセッションのベスト盤的性格を持っている。とっかかりとしては最適のボリュームと内容を誇っているので、ゲットバックセッションが苦手だという人にも充分に楽しめるものとなっている。またオリジナルにない特色として、本作では、それぞれが何日の演奏であるのかクレジットしている。リリースされた当時は、まだデータ的なものが未整理な時代であったが、その後の研究が進み、どの演奏が何日のレコーディングであるのか明確になっているため、本作ではそれを記している。

名盤「GET BACK JOURNALS II」を完全復刻収録。「GET BACK JOURNALS」と一緒に揃えておきたいタイトルである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
JANUARY 3, 1969
01. Sun King
02. Improvisation
03. All Things Must Pass
04. All Things Must Pass
05. All Things Must Pass
06. All Things Must Pass
07. All Things Must Pass
08. Improvisation
09. All Things Must Pass
10. All Things Must Pass
11. All Things Must Pass
12. All Things Must Pass
13. All Things Must Pass
14. Back In The USSR
15. Every Little Thing
16. (Take Another) Piece Of My Heart
17. Sabre Dance
18. (Take Another) Piece Of My Heart
19. Over And Over Again
20. I've Been Good To You
21. Maxwell's Silver Hammer
22. I Want You
23. I'm Gonna Pay for His Ride
24. Don't Let Me Down

JANUARY 6, 1969
25. Oh! Darling
26. C'Mon Marianne
27. discussion
28. I've Got A Feeling
29. High School Confidential
30. I've Got A Feeling
31. Hear Me Lord
32. Hear Me Lord
33. Improvisation
34. Improvisation / Tracks Of My Tears
35. Dizzy Miss Lizzy
36. Money (That's What I Want)
37. Fools Like Me
38. Sure To Fall (In Love With You)
39. The Right String But The Wrong Yo-Yo
40. Talkin' About You

【DISC TWO】
JANUARY 6, 1969
01. Live Show Dialogue
02. Don't Let Me Down
03. Don't Let Me Down
04. Don't Let Me Down
05. Don't Let Me Down
06. Don't Let Me Down
07. Don't Let Me Down
08. Don't Let Me Down
09. Don't Let Me Down
10. Don't Let Me Down
11. Don't Let Me Down
12. Don't Let Me Down
13. Don't Let Me Down
14. Don't Let Me Down
15. Don't Let Me Down
16. Two Of Us
17. Two Of Us
18. Two Of Us
19. Two Of Us
20. Two Of Us
21. Two Of Us

【DISC THREE】
JANUARY 6, 1969
01. Frere Jacques
02. It Ain't Me Babe
03. Two Of Us
04. Hear Me Lord
05. Hear Me Lord
06. Let's Dance / At The Hop
07. All Things Must Pass
08. She Came In Through The Bathroom Window
09. Carry That Weight

JANUARY 7, 1969
10. The Long And Winding Road
11. Golden Slumbers / Carry That Weight
12. The Long And Winding Road
13. Instrumental
14. Instrumental
15. Lady Madonna
16. Instrumental
17. She Came In Through The Bathroom Window
18. Improvisation
19. Instrumental
20. White Gold
21. Low Down Blues Machine
22. What'd I Say / Carry That Weight / Shout
23. Get Back
24. I've Got Rings On My Fingers (Bells On My Toes)
25. For You Blue
26. For You Blue
27. My Back Pages
28. I've Got A Feeling
29. She Came In Through The Bathroom Window
30. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
31. Improvisation

【DISC FOUR】
JANUARY 7, 1969
01. I Shall Be Released
02. To Kingdom Come
03. For You Blue
04. For You Blue
05. Improvisation
06. Bo Diddley
07. What The World Needs Now Is Love
08. Instrumental
09. First Call
10. She Came In Through The Bathroom Window
11. I've Got A Feeling
12. Oh! Darling
13. The Long And Winding Road
14. Maxwell's Silver Hammer
15. Maxwell's Silver Hammer
16. Maxwell's Silver Hammer
17. Maxwell's Silver Hammer
18. Maxwell's Silver Hammer
19. Maxwell's Silver Hammer
20. Rule Brittania
21. Improvisation
22. Improvisation
23. Speak To Me
24. Oh! Darling
25. Maxwell's Silver Hammer
26. Maxwell's Silver Hammer

【DISC FIVE】
JANUARY 7, 1969
01. Improvisation
02. A Shot Of Rhythm And Blues
03. You're So Square (Baby I Don't Care)
04. Across The Universe
05. Across The Universe
06. Across The Universe
07. Give Me Some Truth
08. Improvisation
09. Across The Universe
10. Across The Universe
11. Improvisation
12. Across The Universe
13. A Case Of The Blues
14. Cuddle Up / Give Me Some Truth
15. Across The Universe / Give Me Some Truth
16. From Me To You
17. Across The Universe
18. Across The Universe
19. Rock And Roll Music
20. Lucille
21. Lotta Lovin' / Across The Universe
22. Gone, Gone, Gone
23. Dig A Pony
24. The One After 909
25. The One After 909
26. The One After 909
27. The One After 909
28. What'd I Say
29. The One After 909
30. Improvisation
31. Don't Let Me Down
32. Don't Let Me Down
33. Don't Let Me Down
34. Don't Let Me Down
35. (There's A) Devil In Her Heart
36. Don't Let Me Down
37. Don't Let Me Down
38. School Days (Ring Ring Goes The Bell) - She Came In Through The Bathroom Window
39. FBI
40. She Came In Through The Bathroom Window

JANUARY 8, 1969
41. Improvisation - Honey Hush
42. Honey Hush
43. Stand By Me
44. Hare Krishna Mantra
45. Well, If You're Ready
46. Hare Krishna Mantra

【DISC SIX】
JANUARY 8, 1969
01. Two Of Us
02. You Got Me Going
03. Twist And Shout
04. Don't Let Me Down
05. I've Got A Feeling
06. St Louis Blues
07. The One After 909
08. Too Bad About Sorrows
09. Just Fun
10. She Said She Said
11. All Things Must Pass
12. MacArthur Park
13. All Things Must Pass
14. All Things Must Pass
15. All Things Must Pass
16. All Things Must Pass
17. All Things Must Pass
18. All Along The Watchtower
19. Mean Mr Mustard
20. Don't Let Me Down
21. All Things Must Pass
22. Fools Like Me
23. You Win Again
24. Improvisation
25. She Came In Through The Bathroom Window
26. I Me Mine
27. I Me Mine
28. How Do You Think I Feel
29. Ballad Of Bonnie And Clyde
30. Hello Muddah, Hello Fadduh
31. I Me Mine
32. I Me Mine
33. I Me Mine
34. I Me Mine
35. Almost Grown
36. What Am I Living For
37. Rock And Roll Music
38. I Me Mine
39. I Me Mine
40. I Me Mine
41. I Me Mine

JANUARY 9, 1969
42. Another Day
43. For You Blue
44. For You Blue

【DISC SEVEN】
JANUARY 9, 1969
01. For You Blue
02. Improvisation
03. Two Of Us
04. Two Of Us
05. Two Of Us
06. Two Of Us
07. Two Of Us
08. Unknown / Two Of Us
09. I've Got A Feeling
10. The One After 909
11. The One After 909
12. She Came In Through The Bathroom Window
13. She Came In Through The Bathroom Window
14. She Came In Through The Bathroom Window
15. She Came In Through The Bathroom Window
16. The Right String But The Wrong Yo-Yo
17. Boogie Woogie
18. Baa Baa Black Sheep
19. Mr Bass Man
20. Get Back
21. Instrumental
22. Penina
23. Instrumental
24. Across The Universe
25. Across The Universe
26. Across The Universe
27. Across The Universe / Teddy Boy
28. Junk
29. Junk / Across The Universe
30. Across The Universe
31. Shakin' In The Sixties
32. Move It
33. Good Rockin' Tonight
34. Let It Be
35. Let It Be
36. Let It Be
37. That'll Be The Day
38. I've Got A Feeling
39. Jenny Jenny / Slippin' And Slidin'
40. Let It Be
41. Let It Be
42. Let It Be

【DISC EIGHT】
JANUARY 10, 1969
01. Talkin' About You
02. A Quick One While He's Away
03. A Quick One While He's Away
04. A Quick One While He's Away
05. A Quick One While He's Away
06. Till There Was You
07. Maxwell's Silver Hammer - Mack The Knife
08. Maxwell's Silver Hammer
09. Maxwell's Silver Hammer
10. Don't Be Cruel (To A Heart That's True)
11. On A Sunny Island
- The Animal And Famous Persons Jam
- The Peanut Vendor
- Groovin'
- I Got Stung
12. The Peanut Vendor
13. It's Only Make Believe
14. Through A London Window
15. The Long And Winding Road
16. Adagio For Strings - Martha My Dear
17. Martha My Dear

JANUARY 13, 1969
18. Get Back
19. Improvisation

JANUARY 14, 1969
20. Back Seat Of My Car
21. Improvisation
22. Song Of Love
23. Song Of Love
24. As Clear As A Bell (Says La Scala, Milan)
25. Hello Dolly
26. Madman
27. Mean Mr Mustard - Madman
28. Watching Rainbows
29. Improvisation
30. Improvisation

JANUARY 15, 1969
31. Oh! Darling
32. Ob-La-Di, Ob-La-Da


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
misterclaudel/mccd-595-602
・ 販売価格

7,800円(税込)

・ 購入数