商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム ポール・マッカートニー  - - misterclaudel - - (ミスタークローデル)関連 McC Paul McCartney(ポール・マッカートニー)/THE TREVOR JONES TAPES - GARDEN FULL OF McCARTNEY ROSES - 【4CD】
Paul McCartney(ポール・マッカートニー)/THE TREVOR JONES TAPES - GARDEN FULL OF McCARTNEY ROSES - 【4CD】
フォーマット:4CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

本作は、ポールのローディを勤めていたトレバー・ジョーンズという人物が所有していたテープが2010年頃に流出したものを収録したものである。Mクローデル・レーベルから当時『A GARDEN FULL OF McCARTNEY ROSES』のVol.1とVol.2としてリリースされていたものが廃盤に伴い、その両方を4枚組にした再発である。単にウイングス期から80年代後半までのレア・トラックスを収録した初登場音源集であるだけでなく、その内容もまた注目すべき魅力に満ちたもので、これほどの分量で全てのマテリアルが初登場であるなど、盆と正月が一度にやって来たような感じであった。

 まずディスク1はウイングス時代の、初ソロ・シングルとなった「Another Day」からアルバム『Back To The Egg』までのマテリアルを収録している。その「Another Day」と「Hi Hi Hi」はアセテートからの音源。続く「Live And Let Die」は驚きのスタジオ・アウトテイク。ポールのヴォーカルは全くそれまで聴いた事のないもので、さらにオーケストラが入っていない鍵盤とドラムだけのシンプルなバージョンとなっている。ミドルのレゲエ調の部分が未完成で、リンダが何か叫んで曲はグダグダになって終わる。そして一旦終わったものの、この部分をどうするかポールが指示を出してやり直すが、やはり突然にメロディが浮かぶはずもなく、やっぱりグダグダのまま終わってしまう。「Soily」は『One Hand Clapping』のアウトテイク。恐ろしいくらい勢いのある演奏で、後のワールド・ツアーの演奏がかったるく感じる程である。「Junior’s Farm」のリミックス音源と「Mull Of Kintyre」のラフ・ミックスは、それぞれオリジナルのカウント入り。ディスク1の後半は『Back To The Egg』関連の音源が集められている。

ディスク2もさらに凄い聴いたことのない初登場音源ばかりで驚く。まずウイングスによる『Tug Of War』セッションより、「Take It Away」のスタジオ・アウトテイク。これがまた非常に生々しく、おそらくセッション初期のものであろう、ポールが自分で演奏しながらバンドメンバーに指示を出している様子が克明に記録されている。さらにこのセッションから、後に映画『ブロードストリート』に収録された「No Values」のウイングス・バージョン。ミドル部分でリリース・バージョンにはないポールのアドリブが堪能できる。さらに『COLD CUTS』のラフ・ミックスを挟んで、ウイングスでは頓挫した『Tug Of War』セッションの、ソロになってからの再開セッション。ここでの「Take It Away」はかなり完成されている。スティーヴィー・ワンダーとの「What’s That You’re Doing」は延々続くジャムっぽい演奏である。

この前半最後を飾るのは1988年ソ連のみでリリース、後に全世界で発売された『CHOBA B CCCP』のプロモーションメドレーである。どれも短い収録で、メドレー形式でアルバムを紹介するというもの。しかしアルバムを紹介するためと言いつつ、その中身はアルバム未収録曲を含むレア度の高いもので看過できない。その注目のアルバム未収録曲はまず「Cut Across Shorty」、後にトリビュート盤に収録された「It’s Now Or Never」、そして何と10年後に『Run Devil Run』に収録された「No Other Baby」を、この時もレコーディングしているのである。1993年にサウンドチェックで演奏されていたのは知られているが、この時点で収録を見越してレコーディングされていたとは。続く「Poor Boy」「Take This Hammer」もアルバム未収録曲である。さらにビートルズ時代にBBCセッションで演奏していた「Lend Me Your Comb」。イントロのジャッジャ〜ンというリフがもの凄くカッコイイ、ビートルズをも凌駕するような演奏ではないだろうか。そして最後はアルバムにも収録されている「Ain’t That A Shame」なのだが、ヴォーカルが全く異なる別テイクなのである。ポールのアドリブが炸裂し、リリース・バージョンの大人しいきっちりしたテイクと対照的に、ムチャクチャに崩して歌う凄まじいテイクである。

 ディスク3は1975年9月に行われたツアーリハーサルからの音源。同レーベルより『1975 STUDIO TOUR REHEARSALS』というタイトルでほぼワンステージ分が流出しているが、本作に収録のものは、そこで未収録だったアウトテイクともいうべき音源で、もちろんサウンドボード収録。ツアーがもうそろ始まるとあって、和やかな雰囲気の中にあっても気合いの入った演奏で、特にポールの歌唱に至っては、どの部分でコブシをきかせるかを探るかのように歌い回しをあれこれ変えながら歌っているのが印象的である。

続いて1974年ナッシュヴィルで収録されたセッション音源。まずはスタジオ・リハーサルから2曲、「Junior’s Farm」はヴォーカルが入らず演奏のみのヴァージョンで、ジミーの激しいギターが鮮明に聴き取れる。「Sally G」はイントロ失敗の後、再度やり直すバージョン。後半2曲はスタッフに声をかけカウントから始まる「Junio’s Farm」と、同じくカウントから始まる「Sally G」のそれぞれラフ・ミックスである。そしてディスク1の最後は1978年『BACK TO THE EGG』関連のラフミックス。

 ディスク4も興味深い音源が満載である。冒頭は1980年に行われたスタジオでのリハーサル音源。これがどのような状況下でレコーディングされたかは不明だが、1980年とクレジットされつつ、ウイングス名義であることから、年明けすぐの来日前のものであろう。ウイングス時代には結局聞くことが出来なかったローレンス・ジューバーのヴォーカルによる「Your Lucky Day」は中々メロディアスで良い曲である。インプロを挟み、ビートルズ時代の演奏でもお馴染み「Lend Me Your Comb」。よほどお気に入りの曲なのか、この後『CHOBA B CCCP』のセッションでもレコーディングが試みられていたのはディスク2に収録の音源で判明している。その他にも「Your True Love」の演奏が始まったかと思いきやいつの間にか再度「Lend Me Your Comb」になっていたり、バディホリーの「Oh Boy」「Peggy Sue」、「Ain’t That A Shame」、「I’m In Love Again」、そしてデッカ・オーディションでもレコーディングされた「Sheik Of Araby」など、このウイングスでのセッションが数年後にロックンロール・アルバムとして結実したのではと思われる内容である。

 ディスク4の後半は、まず「COLD CUTS」のラフミックスが8曲収録。イントロにスタジオチャットが入った「Robber’s Ball」などははっきりと違いがわかりますが、それ以外は初登場ではあるのだが、既発テイクとの相違はあまりない。最後3曲は、まず1983年にレコーディングされた「The Honorary Consul」のデモ音源。同名映画のテーマ曲として書かれたもので、映画自体が日本で未公開のため、知る人ぞ知るポールの中でもかなりマイナーなナンバー。「太陽はどこへ?」の1987年インストバージョンはリズムトラックが強調されたミックス。そして最後は1997年『Flaming Pie』のセッションより「Somedays」のラフ・ミックス。ヴォーカルがリリース・バージョンとは別テイクである。

ポールのローディだったトレバー・ジョーンズから流出した音源集がVol.1とVol.2がセットになり再発。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
ORIGINAL ACETATES
01. Another Day (Acetate Version)
02. Hi Hi Hi (Acetate Version)

WINGS STUDIO SESSIONS
03. Live And Let Die (October 1972 Working Session)
04. Soily (1974 Abbey Road Studio Version, "One Hand Clapping" alternate take)
05. Junior's Farm (Ernie Winfrey Mix with Count-In)
06. Letting Go (Promo Edit)
07. Mull Of Kintyre (1977 Rough Take with Count-In)

BACK TO THE EGG SESSIONS
08. Good Night Tonight (Wings Demo 1978)
09. Cage (Instrumental at Abbey Road, October 1978)
10. Daytime Nightime Suffering (1979 Early Version)
11. Daytime Nightime Suffering (Rough Mix)
12. Getting Closer (Backing Track)
13. Rockestra - So Glad To See You Here Again (Instrumental)
14. Reception (1979 Long Version)

DISC TWO
WINGS TUG OF WAR & PIPES OF PEACE REHEARSALS 1980
01. Take It Away (Paul teaching the song to members)
02. No Values (Wings version at Pugins Hall 7 Nov 1980)
03. Moma’s Little Girl - Average Person (Rehearsal)
04. Fabulous - Teddy Bear (rehearsal)

COLD CUTS SEPT 1980 PARK GATES ROUGH MIXES
05. Did We Meet Somewhere Before
06. A Love For You
07. Waterspout

McCARTNEY'S TUG OF WAR SESSIONS
08. New Rack (instrumental- Monitor Mix)
09. Take It Away (Monitor Mix-Rough Take- complete)
10. What's That You're Doing (Rough Take - Monitor Mix)
11. Denny’s Song (Tug Of War Sessions, Montserrat 1981)

BARBADOS 1982 SESSIONS
12. Runaway (1982 Unreleased song, recorded by "Ivory")

CHOBA B CCCP SESSIONS
Choba B CCCP promotional medley
13. Midnight Special
14. Kansas City ? Hey Hey Hey Hey
15. I Gonna Be A Wheel Someday ? Lawdy Miss Clawdy
16. Cut Across Shorty
17. Twenty Flight Rock
18. Lucille
19. Don’t Get Around Much Anymore
20. It’s Now Or Never
21. Crackin’ Up
22. Thant’s Alright Mama
23. Bring It On Home To Me
24. Summer Time
25. I’m In Love Again
26. Just Because
27. No Other Baby
28. Poor Boy
29. I Gonna Be A Wheel Someday
30. Take This Hammer
31. Lend Me Your Comb
32. Ain’t That A Shame


DISC THREE
TOUR REHEARSALS ELSTREE STUDIO SEPTEMBER 1975
01. Live And Let Die #2
02. Call Me Back Again #2
03. Picasso's Last Words - Richard Cory #2
04. Bluebird #2
05. I've Just Seen A Face #2
06. Blackbird #2
07. Yesterday #2
08. You Gave Me The Answer #4
09. Magneto And Titanium Man #2
10. Go Now #2
11. Letting Go #2
12. Maybe I'm Amazed

NASHVILLE SESSIONS 1974
13. Junior's Farm (Rehearsal)
14. Sally G (Rehearsal)
15. Junior's Farm (Rough Mix)
16. Sally G (Rough Mix)

“BACK TO THE EGG” ROUGH MIXES 1978
17. We're Open Tonight
18. Spin It On
19. Old Siam, Sir
20. Again And Again And Again
21. The Broadcast
22. To You

DISC FOUR
WINGS STUDIO REHEARSALS 1980
01. Your Lucky Day (Laurence Juber on Vocals- Version #1)
02. Your Lucky Day (Version #2)
03. Blues improvisation
04. Lend Me Your Comb
05. Goin' Back To Tennessee (Columbus Stockade Blues)
06. Your True Love - Lend Me Your Comb
07. Oh Boy - Peggy Sue
08. I'm Gonna Love You Too
09. Ain't That A Shame - I'm In Love Again
10. Rockin' In Your Seat
11. Sheik of Araby

“COLD CUTS” SESSIONS
PARK GATES STUDIO ROUGH MIXES 1980
12. Robber's Ball
13. My Carnival
14. Night Out
15. Mama's Little Girl
16. Hey Diddle
17. Tragedy
18. Same Time Next Year
19. Cage

HOME RECORDING 1983
20. The Honorary Consul (Paul's Demo)

STUDIO OUTTAKE 1987
21. Ou Est Le Soleil? (Early Instrumental Take)

“FLAMING PIE” SESSIONS 1997
22. Somedays (Rough Mix, Alternate Vocal)


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
misterclaudel/mccd-168/169/172/173
・ 販売価格

6,000円(税込)

・ 購入数