商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム ディープ・パープル/レインボー/関連  ディープ・パープル Deep Purple(ディープ・パープル)/DEEP PURPLE LIVE IN OSAKA 1972 【2CD】
Deep Purple(ディープ・パープル)/DEEP PURPLE LIVE IN OSAKA 1972 【2CD】
フォーマット:2CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

何度もツアーで来日しているリッチー・ブラックモアが初めて日本の地を踏んだのはディープ・パープルのメンバーとしてであった。パープルの初来日公演が1972年。既にグランドファンクやツェッペリンが来日公演を行なっており、現在では歴史の一部となっている数多くの来日公演が行なわれた70年代において、日本のファンにとってひときわ輝いているのが、このパープル初来日である。ビートルズですら長髪だと騒がれ、うるさい音楽だと批判されていた時代からわずか5年あまり、ロックのみならず世界は大きく変化していた。このパープルの初来日公演はわずか3公演のみしか行なわれなかったが、あらゆる意味で日本のロック史に大きな足跡を残すものとなった。

パープルの初来日公演が伝説として現在に伝えられる大きな要因のひとつは、来日公演のみならずあらゆるライヴ・アルバムの中でも傑作として名高い『LIVE IN JAPAN』が収録された点が大きく寄与している。その後、ディランやチープトリック、クラプトンなど、数多くのミュージシャンがライヴ・イン・ジャパンをリリースするが、その嚆矢として意義深いものでもある。この時期パープルは第二期にあたり、メンバー的にも充実していたこともあり、非常に優れた内容となっている。当初は日本国内のみでのリリース予定だったが、その内容の良さから逆輸入盤が評判を呼び、その後世界各国でリリースされヒットしたのである。特にセールス的に低迷していたアメリカでは、この初来日のライヴ盤によって人気と知名度が大きくアップした事が特記される。

パープルにとってもこの『LIVE IN JAPAN』は非常に重要なアルバムと位置付けられており、現在に至るまで様々な形で、あるいは改題を重ね、繰り返しリリースされてきた。現在ではそれぞれ内容の異なる「完全版」やリマスター版などで、三日間のほぼ全曲を聴くことが出来る。しかしこと当日の会場での熱気と空気を感じさせるものとして、そして名盤が生まれた日として、この1972年8月15日大阪フェスティバル・ホールでのオーディエンス録音による完全収録版もまた、ファンにとって欠かすべからざる記念碑的なものになるのではないか。

本作は、この歴史的なパープル初来日公演における3公演の内、1972年8月15日大阪フェスティバルホール公演を高音質オーディエンス音源にて収録している。既発盤と同一ソースながら、既発盤で目立っていたホールエコーが緩和された、非常に聴きやすいものとなっている。元ソースのジェネレーションは不明であるが、これまでの音質に慣れた耳には、、イコライジングで無理に加工せず非常にナチュラルかつ、これまでと印象の異なる音像に驚かれるのではないだろうか。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

FESTIVAL HALL OSAKA JAPAN August 15, 1972
DISC ONE
01. Introduction
02. Highway Star
03. Smoke On The Water
04. Child In Time
05. The Mule
06. Strange Kind Of Women

DISC TWO
01. Lazy
02. Space Truckin'
03. Black Night
04. Speed King


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
shakuntala/STCD-156/157
・ 販売価格

3,800円(税込)

・ 購入数