商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム ビートルズ  - - misterclaudel - - (ミスタークローデル)関連 FAB4 The Beatles(ビートルズ)/A DOLL'S HOUSE Vol.2 【6CD】
The Beatles(ビートルズ)/A DOLL'S HOUSE Vol.2 【6CD】
フォーマット:6CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

ライブ活動の一切から手を引き、スタジオ・ワークに専念したビートルズが最初にリリースしたのが『サージェントペパーズ』であった。煌びやかで様々な効果音を駆使して制作されたこのアルバムは、非常に賑やかな雰囲気を持っている。楽曲もさることながら、アルバム・ジャケットも凝ったもので、ビートルズの進化と変化に時代が追い付かず、世間ではこのアルバムの解釈を巡って議論を呼んだ。LSDなどはその深読みの最たるものであろう。このような派手な『サージェントペパーズ』を主導したのはポールであった。初期ビートルズではジョンがリーダーとしてバンドを牽引していたとしたら、ラバーソウルやリボルバー当たりでポールが追い付き、そして『サージェントペパーズ』では明らかに、少なくとも音楽的主導権はポールに移行しているのは明白だ。アルバム『イマジン』収録のポールを揶揄する「How Do You Sleep?」の冒頭の歌詞で「サージェントペパーズ」が登場するのも、この時期ポールがバンドを主導していたことを事実上ジョン自身が認めたものである。このようなバンド・リーダーのジョンからポールへの移行は、盤石な結束を誇ったビートルズのメンバーの人間関係に微妙な影響を及ぼし、解散への布石はこの頃から始まったと思われる。

このようなサイケデリック時代を反映させた『サージェントペパーズ』の次のアルバムが、通称ホワイトアルバムと呼ばれる『ザ・ビートルズ』である。この時期のビートルズはアップル・レコードを設立し、初めて自社レーベルがリリースされることになる。また哲学的な意味を求めてマハリシの教えを請うためインドに滞在しており、ホワイト・アルバム収録曲の大半は、このインド滞在時に書かれたものである。このインド滞在期間は1968年2月から4月にかけて。そして英国に帰国後の5月に早くもメンバー全員がジョージの自宅に集まりデモ録音を行なっている。この時の音源がイーシャー・デモと呼ばれるものである。このデモ音源を元に、本格的なレコーディングが始まるのは6月になってからの事である。

ホワイト・アルバムはビートルズ初のダブル・アルバムである。華美な前作『サージェント・ペパーズ』の反動でもあるかのように、アルバム・ジャケットは白一色にエンボス加工でバンド名が記され、ナンバリングがなされているのみの、これ以上なシンプルなものである。アルバム・タイトル自体も、前作が架空の長いバンド名だったのに対し、シンプルに『THE BEATLES』である。かように前作とは対比的な『ホワイト・アルバム』は1968年11月にリリースされ、セールス的にも大成功を収めている。ジョンからポールへの音楽的主導権の移行がビートルズ解散の布石であったと先述したが、実際にこの時期、リンゴがレコーディングをボイコットしてスタジオに来なかったり、レコーディングは必ずしも4人揃って行なわれたものでなかったりと、解散の萌芽が肥大化していく様は『ホワイト・アルバム』時のエピソードのそこかしこに感じられる。その一端として、このアルバムを批判する際に、これはバンドのアルバムではなくソロ曲の寄せ集めだという意見がなされる。なるほど、それはある意味間違いではない。そもそもセールス的に不利なダブル・アルバムになったのも、ジョージ・マーティンが内容を凝縮してシングル・アルバムにしようと提案したにもかかわらず、メンバーそれぞれが自分の曲を割愛する事を拒否した結果である。ポールは「レボリューション9」に対し嫌悪感を隠そうとせず、しかし収録を拒否する意見が通らなかったところに、微妙なバンド内の人間関係のバランスの不安定さが垣間見れる。しかし、そのような状態であっても、『ホワイト・アルバム』の素晴らしさに異論はないだろう。実際にファンの間ではこのアルバムが最も好きだという人も多い。ポールはインタビューでこのように発言している。「このアルバムは脈絡がないだとか、ソロの曲の寄せ集めだとか言われるが、ビートルズのホワイト・アルバムだぞ。黙れってんだ!」。

本作は、このホワイト・アルバムのセッション音源を収録している。従来にないボリュームで、初登場音源を多数含むこれ以上ない記念碑的なものとなるであろう。これまでも数多くホワイト・アルバムのセッション音源を収録したタイトルは数多く存在したが、本作は既発音源を網羅したのみならず、今まで誰も聴いたことがない数多くの初登場音源を含んでいる。しかも元がダブル・アルバムなだけに、実にホワイト・アルバムのセッション音源としてディスク18枚分にも上る。今回のセットはVol.1、Vol.2、Vol.3と、それぞれ6枚組3セットに分割してリリースされることとなった。本作はそのVol.2である。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付き。

DISC ONE
JULIA
May 1968
01. Demo
02. Demo Tape copying

August, 1968
KENWOOD DEMO SESSION
03. Rehearsal
04. Basic Take instrumental
05. Overdub Take 1
06. Demo playback 1
07. Overdub Take 2
08. Demo playback 2

BONUS TRACK
09. Stereo Demo

October 13, 1968
10. Rehearsal 1
11. Rehearsal 2
12. Take 2
13. Take 3
14. Take 3 SI (5.1. mix)
15. Take 3 extra vocal SI (5.1 mix)

BIRTHDAY
September 18, 1968
16. Take 1 (fragment)
17. Take 2
18. Unknown Take fragment

MULTITRACKS
19. Take 20 organ SI
20. Take 20 maracas SI
21. Drums
22. Guitars
23. Bass SI
24. Tambourine, Piano, handclaps SI
25. Vocals SI
26. Take 22
27. Instrumental
28. RM 1 Acetate
29. Advance Acetate Rough Mix

YER BLUES
May 1968
30. Demo
31. Demo Tape copying

August 13, 1968
32. Take 5 W/Rough vocal guide
33. Jam

DISC TWO
YER BLUES
August 14, 1968
01. Vocals, Bass & extra Drum

August 20, 1968
02. RM3 Acetate
03. Unreleased Mix
04. Advance Acetate Rough Mix

MOTHER NATURE’S SON
May 1968
05. Demo
06. Demo tape copying

August 9, 1968
07. Take 2
08. Take unknown
09. Take 15

August 20, 1968
5.1 MIXES
10. Vocals
11. Brass
12. Bass Drum & 2nd guitar
13. RM8
14. Advance Acetate Rough Mix

EVERYBODY’S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY
May 1968
15. Demo
16. Demo tape copying

June 26, 1968
17. Rehearsal

June 27, 1968
18. Take 6

July 23, 1968
5.1 MIXES
19. Basic Vocals
20. All Vocals and Bass
21. Guitars UP
22. Drums and Bells UP
23. RM4
24. RM5
25. Acetate Advance Rough Mix

DISC THREE
SEXY SADIE
May 1968
01. Demo
02. Demo tape copying

July 19, 1968
03. Take 3
04. Take 6
05. Fuck a Duckie
06. Take unknown
07. Brian Epstein’s Blues
08. Jam
09. Who the Fuck
10. Take 21 playback

July 24, 1968
11. Session fragment
12. Take 28 breakdown
13. Session fragment 2

August 21, 1968
14. Take 117 RM5
15. Advance Acetate Rough Mix

EXTRAS 5.1. MIXES
16. Vocals, Bass & organ
17. Backing Vocals
18. Lead Guitar UP
19. Second Guitar
20. Drums, Bass and Piano UP

HELTER SKELTER
July 18, 1968 VERSION 1
21. Take 2

September 9, 1968 VERSION 2
22. Session Chat 1
23. Session Chat 2
24. Session Chat 3
25. Session Chat 4
26. (You're So Square) Baby I Don't Care
27. Take 17
28. Take 18 fragment + Take 19 intro
29. Take 21

September 10, 1968
OVERDUBS
30. Bass SI with vocal guide
31. Guitar and Drums SI
32. Take 21 w/SI

DISC FOUR
HELTER SKELTER
September 10, 1968
OVERDUBS
01. Paul Vocal
02. Backing Vocals 1
03. Backing Vocals 2
04. Take 21

MULTITRACK
05. Drums
06. Guitars
07. All Vocals

September 17, 1968
08. RM1 Acetate
09. Acetate Advance Rough Mix

LONG LONG LONG
October 7, 1968
10. Session Chat 1
11. Session Chat 2
12. Session Chat 3
13. Session Chat 4
14. Take 44/Gathering Gesturing

October 7, 8 & 9, 1968
TAKE 67 OVERDUBS 5.1. MIXES
15. Main Vocal
16. Second Vocal SI
17. George & Paul backings SI
18. Guitar and organ
19. Bass and Drums

REVOLUTION 1
May 1968
20. Demo
21. Demo tape copying

May 30, 1968
22. Take 18
23. Take 18 isolated

DISC FIVE
REVOLUTION 1
June 4, 1968
01. Take 20 playback 1
02. Take 20 playback 2
03. Take 20 playback 3
04. Jam (tape breaks)
05. Jam & Tuning (continuation)
06. Tuning & dialogue
07. Jam
08. Jam
09. Jam (tape breaks)
10. Overdub Rehearsal
11. Overdub onto Take 20
12. Take 20 playback 4
13. Jam
14. Jam/It’s Fine (Yoko)
15. Jam (continuation)
16. Jam (continuation)
17. Jam (continuation)
18. Take 20 playback 5
19. Playback continuation
20. Playback continuation
21. Overdub onto Take 20
22. Lady Madonna/Overdub onto Take 20
23. Overdub onto Take 20
24. Overdub onto Take 20
25. Overdub continuation
26. Jam
27. Jam (continuation)
28. Jam (continuation)
29. Take 20 playback & overdub
30. Tuning
31. Dialogue
32. Dialogue continuation
33. Take 20 playback 7
34. Playback continuation
35. Dialogue
36. Dialogue/ Tape Loop
37. Tape Loop
38. Dialogue
39. RM1 from Take 20 (partial)
40. RM1 from Take 20 (complete)

DISC SIX
REVOLUTION 1
June 21, 1968
5.1 MIXES
01. Take 22 SI onto 20
02. Take 22 Guitar Overdub
03. Take 22 Backing Vocals & Brass
04. Take 22 Vocal SI
05. Take 22 Alternate Mix

HONEY PIE
May 1968
06. Demo

October 2 & 4, 1968
07. Lead Vocal and Guitar SI (5.1 mix)
08. Brass (5.1 mix)
09. Instrumental Track

SAVOY TRUFFLE
October 5, 1968
10. Backing Track (partial)

October 11, 1968
11. Full backing track w/SI

5.1 MIXES
12. Basic Track
13. Backing vocals & Brass
14. No Brass mix
15. Dry Drum Track
16. Instrumental w/Backing vocals

December 67 - January 68
JOHN HOME DEMOS COMPOSING TAPE
17. Guitar Tuning & Jamming
18. Cry Baby Cry
19. Piano Tuning & Jamming
20. Improvisation
21. Cry Baby Cry #1
22. Cry Baby Cry #2 - Across The Universe
23. Nothing But Hold Tight
24. She Can’t Talk to Me (Hey Bulldog) #1
25. She Can’t Talk to Me (Hey Bulldog) #2
26. Set Me Free
27. Across The Universe #2
28. She's Walking Past My Door
29. You know My Name

CRY BABY CARY
May 1968
30. Demo
31. Demo Tape Copying


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
valkyrie/VAL-030
・ 販売価格

8,800円(税込)

・ 購入数